浮気の境界線は人によって違う

浮気の境界線は人によって違う
異性の友達と二人っきりで飲みに行くのは浮気か否か、傍から見ればたわいもない話で犬も食わないような喧嘩をしていた友人夫婦が離婚してしまいました。
離婚の原因はそのまま、浮気をしているしていないの水掛け論でした。
浮気しているかしていないかはともかくとして、異性の友人と二人で飲んでいたというのは事実なようですね。
それも一回や二回の話ではなく度々、浮気だと指摘されてからもこっそり会っていたということで、さすがにそれはよくないのではないかと思いました。
浮気か浮気じゃないか、その線引きというのは人によって曖昧です。
二人っきりで会ったらどんな場面でも駄目という人もいれば、肉体関係に達しなければ問題ないのではという認識の人もいるでしょう。
個人的にはたとえ接触がなかったとしても思い続けるのもよくないと感じますが、心の中のことまでは本人しかわからないですし不毛だとも理解しています。
浮気の境界線がどうだろうと、夫婦なら相手の嫌がることはしないように勤めることが大切かなと思います。
異性と話すのも駄目というような余程極端なことでない限りは、嫌だといっていることは回避するのが無難でしょう。
同じことを自分がされて、どう思うかということも重要ですね。